凄いぞ!クーザ☆ ~オードリー童心に帰るの巻~

ご無沙汰しております!相変わらずスローなオードリーです。

今年は心穏やかに過ごすことを目標に過ごしておりますが、やはり寒さには勝てず、時々体調不良になります~。

さて、先日、原宿のビッグトップに「クーザ」を観に行ってきました!

シルク・ドュ・ソレイユの公演は初めてで、終始、大興奮でした

サーカスなんて、子供のころ観た「キグレサーカス」以来で、始まる前からお客様を楽しませるクラウン達にニコニコしながら、始まりを待ちました。

ストーリーがあり、おとぎの国に舞い込んだような気持ち☆

子供以上に「ワー!」「キャ~!」と叫び、きっと周りの人はうるさいと思っているんだろうなと思いながらも、楽しんでおりました♪

音楽も生演奏で、大人でも楽しめるものとなっております。

是非、これは実際に観て、プロの技を肌で感じてほしいです~。

今年は、音楽だけでなく、舞台を観る機会も多いので、また時間があるときに、ご紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魂を揺さぶられる・・・

連休は、芸術と音楽に触れておりました~。

土曜日は、谷中で芸術の秋!
081011_1447010001 以前、ワークショップに参加させていただいた古代文字アーティスト集団『天遊組』の「自然展」があり、友達のYさんもギャラリーにいるということで行ってきました。
会場に着いたとたん作品が目に飛び込み、圧倒されました。
どれも素晴らしい作品ばかり。
作者ひとりひとりの魂が込められた作品は、こちらの魂も揺さぶられます。
全て見終ってもその場をなかなか離れたくない気持ちで、Yさんとお話させていただいたり、しばらくいました・・・。
駅に向かう途中もギャラリーや素敵なお店があり、寄り道&散歩しながら帰りました♪
上野・谷中では、アートリンクというイベントを10/19までやっております。
機会がありましたら、お散歩がてらいってみてください。
自然展は、明日(14日)までとなっております。


日曜日は、ずっと楽しみにしていた森真美さんのライブ♪
『New Album 【7scale】Release Party』と題して、目黒のBAJであり、いつものライブ仲間と行ってきました!!
今回は、真美さんの友人でもある陶芸家の川路庸山さんがアルバムをイメージしたコラボレーションを展開。
081013_173601 他にも真美さん&ケイコさん限定アクセサリーやケムリのコバヤシさんデザインのTシャツ、ダンサーRYON・RYONデザインのミサンガ(これはチャリティーで、ひとつ購入するとカンボジアの子ども達に食事10食分寄付されます。詳細は、こちらhttp://www.prig.jp/collaboration/ryonryon/index.html)などもあり、盛りだくさん!

ステージは生花で飾られ、ステージ前の席には、庸山さんのランプがいい感じで灯りを灯し、素敵に演出されていました☆。
2ステージあったのですが、1stはワイルドでカッコよく、2ndは妖艶な感じで全く違った表情をみせてくれました。
庸山さんが今回のライブのために作った帽子が、真美さんにピッタリでカッコよかったなー。
カッコよさとセクシーを兼ね備えた真美さんだからできるんですよね~。
憧れます☆
毎回素敵なステージを見せてくれる真美さん。
今回のアルバムも素敵な曲ばかりで、またまた魂を揺さぶられました♪

会場でお会いした庸山さん、庸山さんのアシスタントyasukageさん、歌手の花れんさん・Sho-jiさんとも話しでき、他にも大勢知っている顔もみかけました。
今回、アルバムでモデルとして参加したダンサーのてつやさん(庸山さんの従兄弟)も来ていました。かっこいい~。
もちろん、いつも真美さんをサポートいてくれているアクセサリーのケイコさん、ふくさん、2GOさん、K-5さんも。

大勢の人たちの手によって支えられ、出来上がったライブ。
本当に素晴らしいステージで、とてもいい時間を過ごさせていただきました。
ありがとう!!

081012_2106010001 会場のBAJで食べたケーキ、チョコとピスタチオのムースが甘かったけど美味しかった~。
満足満足な一日でした♪


今度は、17日(金)四谷メビウスであるSho-jiさんのライブ。
楽しみは、まだまだ続くのでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天遊組の「わ」

今日は、古代文字を書く(描く)ワークショップに行って来ました!!
会場は、先日「龍神展」が開催されていた『谷中 天王寺』。

定員が15名だったのですが、申し込みが多く、今回参加できなった方もいらっしゃったそうです。

始めは、3人で一組になり、天遊組の方が自分が書きたい文字を本などで調べてくれ、半紙で実際に書いてみることに。
私は、「心」を書くことにしたのですが、本で調べると、心臓そのものの形。
文字の意味を知ると、なんでこの形になったのか納得でき、益々興味が湧いてきました。

半紙で文字のイメージを掴んだあとは、大きな筆で「一」の字を書きました。
一本の線でも、人によって全く違い、自分でも一回目と二回目の文字が違って面白かった~。
天遊さんが、筆は刀、紙は岩と思い、文字を刻むように書いてみてくださいと・・・。
「一」を書いたとき、それを実感できました。
一回目は迷いがあったり、考えたりして、線に力がなかったのですが、二回目は、刻むようなイメージで書いたら、線に力強さがでました。

次は、いよいよ「心」を大きな紙に書くことに。
二回練習し、本番は天遊さん、天遊組の方、参加者が見守る中で文字を書きます。
始めは緊張するな~と思っていたのですが、他の方の作品を見て刺激をうけ、自分が書くときは集中していて緊張感もいつの間にか吹き飛んでいました。
練習のときとまた違った感じに出来上がり、終わった後は気分スッキリ!

080518_1504010001 080518_150501 他の参加者の文字も個性が出ていて、どれも素晴らしい仕上がり。
写真は、参加した方と私が書いた文字です。
私のはどれでしょう?
見た目ローリングストーンズの舌のイラストみたいですが、「心」の古代文字です!!

今日のワークショップをとおして、今まで自分はいかに型にはまっていたのかということを実感しました。
古代文字を書くことで、自分自身の凝り固まったものが少し解けたようでした。

お香と墨の香りも心を落ち着かせてくれ、とてもリラックスし、有意義な時間を過ごすことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

橋本不二子水彩画展

今日は、橋本不二子さんの個展を観るため、丸の内の丸善へ行ってきました!走る人
陶芸家の庸山さんのお知り合いの方で、HPで個展の検索をしたら、私好みの絵だったので、早速、足を運んでみました。

橋本さんの絵は、繊細で、やさしい雰囲気なのですが、力強さも感じます。ぴかぴか(新しい)
どれも素敵でしたが、私が気に入ったのは、ローズやマーガレットの絵。
(写真をアップしたかったのですが、ちゃんと取り込めず・・・涙
さすがに絵を買うお金はなかったので、せめてポストカードでも買おうと、会場の傍にある、カード売り場へ。
カードだけでなく、カレンダーや便箋などいろいろあって迷う。
来年のカレンダーが欲しいな~と思い、あれこれ見ていたら、なんと庸山さんが!わーい(嬉しい顔)
私が会場のある4Fに着いたときに、庸山さんはいたようで、会場とは別の場所で橋本さんとお話されていて、橋本さんが庸山さんと同じ帽子を被った人がいたと庸山さんに教えてくださり、それで声をかけてくれたんです。
4Fに着いたときは全く気づかなかったので、ビックリ!!あせあせ
庸山さんが来るというのは知っていたのですが、まさか会えるとは思っていなかったので・・・。

庸山さんとは個展以来だったので、HPのことや作品のことなど、いろいろ話が聞けて、とても楽しかったでするんるん
話をしているときに、橋本さんがとおりかかり、ご挨拶だけさせていただきました。絵と同じ雰囲気の方でした~。クローバー

庸山さんは、明日、宮崎へ帰り、しばらく作品作りに専念されるとのこと。
どんな作品ができるのか、楽しみですexclamation ×2
それから、HPが完成する予定なので、皆さん要チェック!パソコン目


今日行った橋本不二子さんの作品展は、26日(金)までやっていますので、お近くの方は、是非、足を運ばれてみてください。アート

注)時間は、午前9:00~午後9:00ですが、最終日は午後4:00までとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽・芸術の秋!

お久しぶりです!約1ヵ月ぶりの更新です。

先日まで真夏のような日が続いていましたが、連休になり、ようやく涼しく秋らしい陽気となりました。

まずは、先週のお話。

21日(金)、目黒の「BLUES ALLEY JAPAN」に森真美さんのLIVEを観に行って来ました!

真美さんのLIVEは、今回で2回目。今回は2ステージまであり、1stステージは、「Ocean」というテーマでパステルブルーのドレスに身を包んだ真美さんが登場。ロングのストレートヘアがとても新鮮で、人魚のような感じでした。2ndのテーマは、「Town」。スーツ姿の真美さん。1stステージとは違い、男前な感じ。お芝居あり、ダンスありのドキドキ・ワクワクのLIVEでした。

楽しい時間は、あっという間に過ぎ・・・。

終演後は、真美さんと直接お話する機会もあり、とても楽しく、幸せな時間を過ごすことができました。

LIVEの余韻が残ったまま、日曜日は、真美さんのお友達でもある川路庸山さんの個展を見に、銀座の「ギャラリーボヤージュ」へ。

陶芸家の川路さんですが、今回の個展では帽子も展示されていました。

真美さんもLIVEでかぶっていたのですが、とても手の込んだデザイン。

どれも素敵なものばかりです。

磁器も芸術作品から日常使えそうな器まで幅広くあり、以前陶芸をやっていた私は興味津々。

友達とふたりで作品を見ていたら、川路さんが声をかけてくれました。

作品の説明をわかりやすく丁寧に説明してくださり、ものづくりの奥深さを感じました。

川路さんは、とても気さくな方でしたが、ものづくりに対する情熱を強く感じました。

川路さんの作品と川路さんに出会い、また陶芸をしたくなった私・・・。

真美さんの歌を聴き、川路さんの作品に触れ、刺激をうけた日々でした。

☆川路さんの個展は、27日(木)までやっていますので、お近くの方は、是非、足を運んでみてください!!(時間:am.11:00-pm.18:00 最終日は17:00まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本英一郎 水彩画展

昨日は七夕でしたが、織姫と彦星の出会いのようなドラマティックなことはありませんでした。でも、本門寺で引いたおみくじは、大吉!何かいいことがありそな予感・・・。

今日は、松本英一郎さんの水彩画展のオープニングパーティーがあり、国立まで行ってきました。

会場に着いたときには、すでに大勢の人が。

松本夫人も接客で忙しそうでしたが、mamIさんのライブでいただいたポストカードのお礼が言いたくて、声をかけました。夫人はキラキラしたオーラに包まれた方で、優しい笑顔で迎えてくだいました。夫人に小さなブーケをプレゼントしたのですが、挨拶のときも持っていてくれて、とても嬉しかったです。

英一郎さんの弟さんが挨拶をされたのですが、なんと今日は、故松本英一郎さんのお誕生日。個展の初日が誕生日なんて、なんて素敵なんでしょう。そんな記念すべき日を一緒に祝えたことを嬉しく思います・・・。

今回の水彩画展は、油彩などの原画ともいえるスケッチ画。先日と同じようなものがありましたが、優しい水彩絵の具と鉛筆のタッチで、全く違ったものに見えます。

松本さんは、多摩美大で教えていたことがあり、生徒さんに評判の良い先生だったそうです。私も会ってみたかったな~。

私は画家さんのことは詳しくないのですが、松本さんの同級生の画家さんや声楽家の方もきており、私はここにいていいのだろうかと思ってしまうほど。乾杯の時には、声楽家の方が、椿姫の乾杯の歌を歌ってくれました。すごい迫力!プロは違います。ちなみに、私は白ワインを飲んだのですが、夫人のお気に入りのワインということで、とても美味しかったです~。(*^。^*)

夫人はお忙しい中、初めて会った私にも優しく声をかけてくれ、とても気を配ってくれました。

会場では、mamIさんのファンであり、米倉さんのファンである方と会いました。その方とは最後までご一緒させていただき、次回のmamIさんのライブの参加の約束もしました。

1日遅れでしたが、素敵な出会いと時間を過ごすことができた1日でした・・・。

<おまけ>

先週のお話。

先週は、友達の田んぼの草取りのお手伝いに行ったのですが、思ったより作業が早く終わり、畑のお手伝いをしたり、滝・ホタルを見に行ったりと盛りだくさんな日でした。

滝は、あまり人が来ないような場所で、とても神秘的な場所でした。

ホタルは、宮崎アニメのような光景。源氏ボタルがたくさん飛んでいました。

こんな素敵な話題があったのですが、残業の日々で、アップが遅れてしまいました。反省。写真は、また別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイアンスピリッツ

ようやく梅雨らしいお天気になりましたね~。

今日は雨の中、三好和義さんの写真展を見に、三越日本橋本店へ。

写真展最終日ということで、会場は大勢の人で賑わっていました。

会場に入ってすぐ、古典フラを踊る兄弟の写真が展示されていました。写真はキャンバスにプリントされており、油絵のようにも見えます。色が鮮やかで写真の中に引き込まれそうになりました。

フラは神様に捧げる踊りであり、写真を見ていると、とても神聖な気持ちになります。夕日や海の写真もその場にいるような錯覚を起こすくらい光や空気を感じました・・・。

写真展開催中は、1時と3時にトークショーとサイン会があり、私も三好さんのお話を聞いてきました。ハワイでの撮影では、楽しさの中、ご苦労もあったようです。写真撮影も命がけだなーと思ったのが、キラウエア火山での撮影。流れる溶岩の傍での撮影の際は、風の向きが自分の反対の方に向かって吹いた時に撮影しなくてはいけなくて、三脚には溶けないように皮を巻きつけて撮影したそうです。撮影が終ったあと、靴の底は熱で溶けて、底が抜けてしまったとのこと。恐い~。それから、暑いので水を沢山飲み、帰りの時の水がなくなり、脱水状態になったそうです。その飲んだ水の量は、バケツ3杯半くらいと言っていました。どれだけ暑いのかが解りますね。

トークショーの後は、写真集を購入し、サインをしてもらいました。

素晴らしい写真集を眺め、再び感動・・・。宝物がひとつ増えました。

今回は写真を載せることができなかったので、三好さんのHPでチェックしてくださいね!http://www.rakuen-co.com

ちなみに、今回の撮影で三好さんが使用した機材は、以下のとおりです。写真(カメラ)好きの人は要チェック!

●カメラ:SONYα100、SONYCyber-shotDSC-W200

●レンズ:DT11-18mm F4.5-5.6,16mm F2.8 Fisheye,50mm 100mm  F2.8 Macro,1.4×Teleconverter,2×Teleconverter,35mm F1.4G,70-200mm F2.8G,300mm F2.8G,Sonnar T*135mmF1.8ZA,Vario-Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-4.5ZAなど

| | コメント (4) | トラックバック (0)

名画に会いに・・・。

Dscn0842 今日は、東京国立博物館にレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」を見てきました。開催が今日までというのを昨日まで知らず、今日慌てて行ってきました。

休日でしかも最終日ということで、混んでいるは覚悟していたのですが、想像以上に混んでいました。門を入ってすぐのところから長蛇の列。30分待ちです。

ようやく中に入れたと思ったら、凄いセキュリティーで、手荷物チェックと金属探知機で全身チェック。「空港かっ?!」とツッコミを入れたくなりました。(笑)チェックを終え、やっと名画とご対面。人ごみの先に名画はありました・・・。

かなり大きいものとイメージしていたのですが、たたみ一畳くらいの大きさ。混んでいる為、立ち止まることができず、歩きながらの鑑賞。あっという間だったので、感動する暇もありませんでした。(泣)

ちょっと物足りない気持ちのまま博物館をあとにし、公園を通って駅へ向かって行きました。その途中、二人のストリートパフォーマー(こんな呼び方でよいのかわかりませんが)に出会いました。

Dscn0848 Dscn0846 一人目は、バイオリンを演奏する操り人形を操る人。かわいい人形がバイオリンを演奏。こちらはお人形を使ったパフォーマンスなので、お子様に大人気!操っている人もイケメンで、私はそちらも気になりました~。(*^ ^*)

Dscn0849 二人目は、クラッシックギターの演奏。素晴らしい音色で思わず立ち止まってしまいました。こちらはシブイおじ様が演奏しているせいか、大人しか聴いていませんでした。こちらの方も演奏だけでなく、演奏者自身も素敵でした。目が合ったら微笑んでくれて、ちょっとドキドキしちゃいました。(><)

素敵なパフォーマンスとパフォーマーに出会え、物足りなさも解消されました。私って単純~。と自分で思ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子どもの目で見る、てんらんかい

今日は、「子どもの目で見る、てんらんかい」を観に、府中市美術館まで行ってきました!

この展覧会に行った目的は、先日ライヴを行った森真美さんがご紹介された松本英一郎さんの作品が展示されていたから。

子どもの目で見るてんらんかいということで、解説もしっかりとされ、見方なども説明されています。いろんな方の作品があったのですが、その中でも松本さんの絵は、とても大きく、目をひきつけます。展示されていたのは2点。タイトルは、「さくら・うし」と「ふうけい」。油彩ですが、油彩とは思えないくらい細かく、タッチが美しい~。

観るまではドキドキしていたのですが、その絵を目の前にしたら、心揺さぶられ、なんだかジーンとしてしまいました。すぐに立ち去ることができず、椅子に座り、しばらく眺めていました・・・。

9月に、久留米市にある石橋美術館で個展があります。この個展には、全国にある松本さんの作品が集まるそうです。遠くですが、見る価値はあると思います。

松本さんの絵に出会えたことも縁だと思います。

今の自分に何かメッセージをもらえたように感じました・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

躍動的!

今日は、米倉利紀さんが尊敬するアーティスト、茂本ヒデキチさんの個展を見に渋谷まで行ってきました!

人ごみを抜け、やっと会場に着いたら、会場もすごい人。丁度、ライブ・ペインティングをやっていたため、すぐに会場に入ることができませんでした。人ごみの隙間を抜け、茂本さんの絵を鑑賞。茂本さんもライブが終わり、お客様(ファン)の対応で忙しそうでした。

茂本さんは、米倉さんのコンサートセットやCDのジャケット、舞子後楽園スキー場のポスター、JRAのCFイラストなどを手掛けています。みなさんも、どこかで見かけたことがあるかもしれません。墨で描かれており、今にも動き出しそうな感じがあり、とても躍動的です。

魅了されました・・・。

混んでいなければ、もっとゆっくり見たかったな~。

私も昔やっていた書道をまたやろうかな?と思うほど、刺激的な個展でした。

これからの活躍が楽しみなアーティスト茂本ヒデキチさん。応援していきたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)